Moody Style

要するに、ムーディの日記です。

美女と野獣レビュー

こんにちは、ムーディ野郎です。

やはりですね、ブログはマイペースになってしまう訳で、これからもそうなってしまう訳でwまあ、ノラリクラリ適当な頻度で更新していこうかなっというところで。お久しぶりのブログ更新です!!
 
遂に、あの映画観てきましたよ!
美女と野獣。まるで、おれと彼女的な感じですねw
そのレビューを今回はつらつらと書いていきまっす!
 

まずは世界観に惹き込まれてください!

Google画像引用

歌と踊りと物語と、どこを取っても良かったです!そう、イメージ通り「女子が大好きそうな映画」とはまさにこのこと。ですが、女子のハートを理解できる女子風の男子も感動するはず!ところどころ歌って踊って華やかな世界に惹き込まれます。そういう映画もたまにはいいよねって感じです。このところ、ラ・ラ・ランドやSINGなど、歌って踊る映画が多いですが、どれもこれも良い作品。昔ならマンマミーヤとかそういう映画に近いですが、時代背景を感じる映画だなってすごく感じました。
 

エマ・ワトソンマジ綺麗っす!

Google画像引用

はっきり言って適役でした。この作品のこの役はエマ・ワトソンしか似合わない気がするほどに、ばっちりと役にハマっていた気がします。もしかしたら、エマ・ワトソンをあまり知らない男子でも、きっとファンになっちゃうんじゃないかくらい魅了してくれます!
ハーマイオニー初期時代から考えると、ほんと大人になられましたよね(泣)才色兼備、どこを取っても上品なエマにハマる作品だと思います!!
 

トーリーはベター、だけど感動します。

Google画像引用

トーリーはベターです。実写版だからといってなんのひねりもなく、ディズニーアニメそのまんまのストーリーで構成されています。で、こういう書き方するとあかんみたいな言い回しになってしまってますが、そうではなくて、あのディズニーアニメのまんま実写化されているってこと。これは、ティーカップがしゃべったり、ロウソクとか時計が歌って踊るってことなんです。あの世界観が実写化出来るなんてすごいと思いませんか?端的に言うと、美女と野獣が好きでたまらない人の期待は裏切らない作品だということなんですアニキ!!!
 

最後の最後、野獣の王子様のお顔は・・・。

Google画像引用

美女と野獣好きな人ならかなり気になるはず。これはあくまでおれ個人の感想ですが、期待通りのイケメン王子ではなかったですwが、期待はずれのブサメン王子でもなく、可もなく不可もなくってところ。ま、普通に王子っぽい無難な感じでしたwしかしです、その王子が野獣であったと認識するのに、エマ・ワトソンは目を見て確認します。すると、野獣と同じ目をしているじゃありませんか!!!つまりですね、至る所の野獣役ご本人が王子役としても登場されているんじゃないかと。多分ですが。となると、やっぱり素晴らしいなと思うわけなんです。
 

可愛い彼女たん(ハート)


エマ・ワトソン 映画 『美女と野獣』 予告編

 

おれは今回字幕版で観に行きました。はっきり言って吹き替え版で観たいとは感じませんでしたね。ですが、字幕版ならもう一度観たいです。それくらい世界観にハマりましたし、出来栄えのいい作品だったと思います。てか、彼女や奥さん、意中の相手がいる方は、マジでデートで観に行ってください。たぶん、勢い余って愛も深まりまくるハズ!!!
 
てな訳で、このへんで。
 
PS:遂にパイレーツの最終がCMされ始めましたね!おれは毎日CM観て興奮してます!あぁー、ジョニー・デップ。ジャックスパロウ様様様!!!!!!!
要チェックや!!!!!!!
広告を非表示にする