Moody Style

要するに、ムーディの日記です。

モアナと伝説の海レビュー

3月気付けばもう終わりっすねー。どもっ、お久しぶりのムーディーです!3月気付けば1記事しか書いてないwww
たくさんいろんな出来事あったけど、なかなか手が動きませんでしたよ!えぇそうです!予想通りサボってたって事です!!!!!(スバッ!と)
 
で、3月になにかと話題のディズニー最新作「モアナと伝説の海」観に行ってきたんで記録しておこうかと。もちろん、最愛の彼女と一緒にです。羨ましいと思うやつは読んでけコラァ!!!
 

Google画像から引用

モアナと伝説の海は王子様的なキャラいません

そう、ディズニーあるあるで、素敵な王子様も素敵なキスシーンも全然ないです。むしろ、そんな雰囲気すらないですし、おれの中の「ディズニー=王子+キスシーン」の方程式は完全に崩れた作品でした。その代わりと言っちゃなんですが、ナイスなキャラは相変わらずたくさん出てきますし、愛着の湧く楽しい作品だった気がします。

マウイがおれでした

Google画像から引用

まさしくおれでした。ロン毛にモジャパーマ。ムチムチな体で動けるデブって感じ。なにより、言うことが自分そっくりで、この世にある全ておれのおかげと思ってるとこなんて、最高に似てるポイントです。
書いていると話が反れに反れまくりそうな気はしてるんですが、マウイってすっごく強くて、なんでも出来て、それでいて愛嬌があって憎めないタイプのキャラ。そういう人って、実は弱かったり、なんでも出来るように見せていろんな失敗を経験していたり、人には笑って見せているけど、実はあんまし余裕がなかったり。周りの期待を裏切らないために一生懸命見繕って理想の人間であり続けている人な気がするなぁーって。
んで、そういう人ってほんとはすごく弱いから、自分に魔法をかけるように強がった言葉をどんどん吐いてプラスにもっていく。実は孤独なんかもなぁーって。
今の世の中、そういう人ってあまり見かけなくなったし、人に興味を持って生きてる人間てどれくらいいるんだろか。時代も時代だし、興味持たなくても生きていける時代だしなぁー。そんな事をすごく感じましたね。じゃあ、そんなマウイに似ているおれってば、そういう闇を抱えているのかって言えば、そうじゃないんすけどねwww
身の丈に合った自由気ままな生き方させてもろてます!その分周りにはクソほど迷惑かけて、彼女に対しても不安な気持ち持たせちゃっているし...。虚言癖とか毎日言われるようにもなっちゃったしwwwwwwww
でもさ、そういう内なる闇を抱えてたとしても、周りを幸せに出来る人に、おれはなりたいぜ(キラッ)それはムリしているんじゃなくて、努力しているし、自分の望んでいる事だからストレスにならないんだなぁ。と真面目に語りましたが、予想通り反れまくりました。
 

家族がいること、友がいること、帰る場所があることの素晴らしさ

なんだか今日のブログはバカ真面目に書いてますけど、やっぱりこの作品てこういうほっこりするような幸せな作品という印象が強いんすよね。家族に愛されて、モアナの周りはいつも幸せで、自分のいるべき場所、帰る場所、認めてくれる存在で溢れているんですよ。それってすっげー幸せなのか?それを守るために自分のやりたいことを我慢しなきゃならないの?とかって考えました。
結論、問答無用に幸せです!!!!!周りを幸せにするのって、結局はまず自分が幸せである事が条件なんだと。そこが前提としてないと、成り立たないことなんだなとか。また話反れまくり。モアナは自分の大好きを守る為に旅に出ます。
 
「マウイ!人であり、風と海の神。私はモトゥヌイのモアナ。私の舟に乗り・・、 私はモトゥヌイのモアナ。私の舟に乗り・・・」これめっちゃ言います。

教育の難しさ

Google画像から引用

※めっちゃかわいい

モアナが海に出ようとすると、モアナの両親はすんごく怒ります。昔、モアナのパパスが海に出てすんごく危険な目に合ってしまったために、モアナにはそんな危険な目に合ってほしくないという娘を愛している気持ちからなんですが、そんなパパスの怒りを理解するのに少し時間の掛かるモアナ。
おれ的にこの背景を見てどっちもすんごく気持ちがわかるなと思いました。多分、今の年齢であれば子を持っていてもおかしくないという精神的な成長した部分もある反面、自分自身がまだまだガキンチョで、成長し切れていない微妙な自分であったりもするからだと思うのですが。
じゃあ、どうすればいいの?てところ。正直わかりませんwが、親は子を信じてあげたいと思うし、子は親の気持ちを察して考えて選択するべきだと思う訳で。んで、自分の子の人生はその子の人生だから、子が選んだ選択肢を最終否定しなければOKなんじゃないかと。こんなこと書いてて、我が子を授かった日にゃ束縛しまくり、一時も手を離さず30歳を迎えさせるおれなんですけどね(フッ)
 

最後に普通の感想「歌が良かったです。」

もうね、出てくる曲全部耳に残ります。モアナの曲もそうですが、おれとしてはマウイが歌っていたあの曲がもうね...やばい!多分今頃見た人は速攻でカラオケ行って歌いまくってるんだろなと。彼女も横で口ずさみまくってました。
 
 
次はSing観に行きます!で、ずっと思ってたんですが、映画とかっていずれテレビとか動画サイトとかでやってくれるし、劇場まで行って観るのもアホ臭いとか思っているそこの君ぃ!!!!!!!劇場で観るのと、自宅で観るの全然ちゃいまっせ!なんし、まさにそう思っていたおれがそう感じたんで間違いない!!!
 
では、このへんで。
広告を非表示にする